ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です

SHOPこぐま・こぐま会ネットショップ 限定教材

じぶんだけの おりょうり れしぴ

定価 400円+税

商品コード

2001-040-201-11-0

出版日

2020年6月1日

「じぶんだけの おりょうり れしぴ」発行にあたり

こぐま会代表 久野泰可
 2020年の新型コロナ感染拡大防止の緊急事態宣言を受けて、こぐま会では休校措置を取りました。幼稚園・保育園も休園となり、不要不急な外出も制限される中で、各ご家庭でもさまざまな工夫をされて過ごされたことと思います。こぐま会もオンライン授業だけでなく、子どもたちの気持ちにかかる負担を少しでも解消するために、WEB上でのクラス会、ダンスや運動の映像配信などを試みてコミュニケーションをはかりました。
その中で、その他にも何かご家庭でできる楽しい取り組みがないものかと考えた時に、子どもも積極的に行うことが多い「料理づくり」のお手伝いや、自身で簡単な料理をする子どももいますので、この「じぶんだけのおりょうりれしぴ」を企画しました。毎日の生活に変化を持たせる意味でも料理の手伝いは有効ですし、その際のいろいろな経験は、学習面における「物の名称の理解」や「理科的常識」の土台になったりします。また、料理は準備する食材が必要であり、作る順序も大事です。2020年度からのプログラミング教育の内容をどうするかの議論の際、専門家の中から「難しい議論をしないで、料理を作る順序を考えさせるほうがよっぽど役立つ」と発言がありました。ものごとを順序だてて考えることが、プログラミング教育の中味の一つだということでしょう。
楽しく物に触れ、作る順序を考え、お手伝いをし、できた料理を美味しくいただくという「料理づくり」は、ご家庭でできる楽しい学びの一つです。その経験を活かし、自分だけの料理レシピノートを作成することで、ただ経験を思い起こすだけなく、順序の理解や記憶を定着させ、また全体の見通しを持って作業することや絵画の練習にもなります。ぜひご活用ください。

保護者さまへ

 「じぶんだけのおりょうりれしぴ」は、料理に使う材料や調理の工程を絵に描くことで、オリジナルのレシピ絵本を作ることができる教材です。お子さまがお手伝いしたことがあるものや作った料理を思い浮かべながら、絵本を完成させましょう。

【絵に描くもの】
  • 料理に使う材料の絵(野菜や調味料など)
  • 調理の工程の絵(野菜を包丁で切る、フライパンで焼くところなど)
  • お皿に盛りつけた料理の絵
  • 料理を食べているところの絵
    ※工程の目安を参考にして、準備→仕上げまでが終わるように描きます。 ※材料や作り方がわからないときは説明をしてあげながら進めてください。

料理は、原料を知り、食への感謝の気持ちを育む上で大切なことであると同時に、集中力や思考力を高めるともいわれています。日頃のお手伝いを含め、ご家庭でいろいろな料理に挑戦してみましょう。

PAGE TOP