ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です

少人数制・単元別講座「KOGUMA ひまわり会」考える力を伸ばす「室長特別講座」

理解の進んだ子に、より高度な学習を。

 基礎段階の学習も終わり、いよいよ応用問題や過去問に取り組む時期です。しかし、これらの課題にも取り組む順序があります。基礎から応用へ、正しい順序を踏まえた指導で合格を目指します。
※授業後に解説をいたします ※復習用家庭教材をお渡しします ※ご希望の方には学習面談をいたします

6月の室長特別講座

講師
こぐま会代表 久野泰可
対象
年長児(2015年4月2日~2016年4月1日生まれ)
※教育効果を考え、最近のテストで偏差値50以上のお子さまを対象とします
 お申し込みはこちらから
(こぐま会インターネットお申し込みサイト)
1難関校の図形(3)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

最近の図形課題は、図形を素材にしながら、実は論理的思考力を求めている問題が多く出題されています。今月は台形パズルを使って、全体像を捉えながら、見えない重なりを意識しつつ形を構成する力を養っていきます。
授業内容
  1. 台形構成・・・・・・重なる部分を考えながら構成する
  2. 立体模写・・・斜めの線の意識
  3. 回転図形・・・選択肢から選ぶ・自ら描く
日時6月20日(日) 9:00~10:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06カ
2作業を通して「考える力」を伸ばす(3)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

6月は論理的思考力を支える大事な考え方のひとつである、「観点を考えて、物事の関係を考える」問題を中心に練習します。「数のやり取り」を中心に、「約束事を反対からも考える」練習や「植木算」の発想につながる問題を練習します。
授業内容
  1. 数のやり取り
  2. 約束事を反対からも考える:
    シーソーによる釣り合いを一対多対応の考え方を応用して解く。 重いほうから軽い方だけでなく、軽い方から重い方も考える。
  3. 植木算的発想
※A・Bは同じ内容です
日時A:6月17日(木) 16:45~18:00教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06オ
日時B:6月20日(日) 14:30~15:45教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06オ
3雙葉・聖心の数(3)
最近の入試では、「話の内容理解」の中において数の変化を捉え、四則演算しなくてはならない問題が増えています。暗算練習を含め、数の操作をしなくては答えが出ない問題をトレーニングします。
授業内容
  1. 暗算練習:
    10の構成 2数・3数の組み合わせ
    一対多対応に関する暗算練習
  2. 一場面の絵を使った総合問題:
    話の内容理解の形式で、数の問題を考えさせる
※A・Bは同じ内容です
日時A:6月10日(木) 16:45~18:00教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06イ
日時B:6月13日(日) 14:30~15:45教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06イ
4合格を目指すチェックテストシリーズ 第2回
雙葉・聖心 合格のための学力総点検  テスト + 解説授業
※復習用家庭教材のお渡しはありません
こぐま会の授業は4月末から応用段階の学習に入りました。入試で出される課題の8割は、これまでの学習で十分対応できます。7月中旬までにはすべての課題を学習し、夏休みには過去問・難問を含めた合格トレーニングを行います。入試にとって最大の山場になる夏の過ごし方は秋に入試の合否を左右するといっても過言ではありません。効果的な学習をするためには「いま何が分かっていて、何が分からないのか」をしっかり把握しておく必要があります。

「雙葉・聖心 合格のための学力総点検」では、どうしてもやっておかなければならない課題について、今の段階でどこまで分かっているか、どこから分からなくなっているのかを明らかにし、夏休みにすべき課題を明確にします。過去10年間の問題を分析し、各学校の傾向をふまえて作成した10枚のペーパーに、テスト形式で取り組んでいただきます。その結果を分析し、それぞれのお子様の家庭学習の課題を明らかにします。
テストの主な内容:「雙葉」合格のための学力総点検
つりあい / シーソー / 位置の移動 / 四方からの観察 / 一対多対応 / 分類 / 交換 / 重ね図形 / 回転推理 / 魔法の箱 / 数の総合問題
テストの主な内容:「聖心」合格のための学力総点検
シーソー / つりあい / 位置の移動 / 一対多対応 / 交換 / 線対称 / 鏡映像 / 話の内容理解 / 一音一文字 / 言葉つなぎ / 理科的常識
※各A・Bは同じ内容です
「雙葉」合格のための学力総点検
日時A:6月10日(木) 15:00~16:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06ア
日時B:6月20日(日) 11:00~12:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06ア

「聖心」合格のための学力総点検
日時A:6月13日(日) 11:00~12:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06エ
日時B:6月17日(木) 15:00~16:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06エ
5合否を分ける「聞く力」を高める(3)
絵本や創作童話を使って長いお話を聞かせ、ところどころで区切ってさまざまな領域の問題を解いていきます。聞く力を重視する多くの学校で採用されている方法です。聖心受験者を中心に、お話をしっかり聞く態度の育成も兼ねています。
授業内容
「お手伝い」という話を聞いてさまざまな問題に答える
1. 関係推理 2. 一対多対応 3. 交換 4. 同図形発見 5. 逆対応 6. 重さくらべ 7. 数詞 8. 順序 など
日時6月13日(日) 9:00~10:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-06ウ

 反転授業について
ご家庭での予習を前提とした講座です。事前に予習教材をお渡しします。

 反転授業とは、これまで教室で行っていた基本学習を事前に家庭で行い、授業後に家庭で取り組んでいた応用力を身につける学習を教室で行う、というものです。 つまり、「授業→家庭学習」から「家庭学習→授業」への反転です。 聞きっぱなしの一方通行の教室での講義を、みんなで議論し理解を深めたり、新しい発見をするという授業に変化させるものです。

何の経験や理解もない状態で反転授業はできませんが、基礎学力が固まり、応用学習に取り組むこの時期になれば、難しい課題を解決するために、(1)ご家庭で基礎的な内容の予習を行い、(2)教室授業ではより深い学習をし、(3)その上でもう一度ご家庭で復習していただく、という指導法が可能になります。
こうすることで、家庭学習の目標もはっきりし、授業ではより難しい課題に挑戦することができます。どこでつまづき、何が壁になって理解できないのか・・・子どもの理解の道筋を把握し、しっかりとしたカリキュラムに基づく授業を提供できるこぐま会だからこそ、この「反転授業」で効果的な受験対策ができると確信しています。

PAGE TOP