ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です

少人数制・単元別講座「KOGUMA ひまわり会」考える力を伸ばす「室長特別講座」

理解の進んだ子に、より高度な学習を。

 基礎段階の学習も終わり、いよいよ応用問題や過去問に取り組む時期です。しかし、これらの課題にも取り組む順序があります。基礎から応用へ、正しい順序を踏まえた指導で合格を目指します。
※授業説明をオンライン配信いたします ※復習用家庭教材をお渡しします ※ご希望の方には学習面談をいたします

4月の室長特別講座

講師
こぐま会代表 久野泰可
対象
年長児(2015年4月2日~2016年4月1日生まれ)
※教育効果を考え、最近のテストで偏差値50以上のお子さまを対象とします
 お申し込みはこちらから
(こぐま会インターネットお申し込みサイト)
1★新規開講!
合格を目指すチェックテストシリーズ 第1回
雙葉・聖心 志望校選択チェックテスト  テスト + 授業&セミナー
学習を効率よく積み重ねるためには、今どこまで分かっていて、どこから分からなくなるのかをしっかり把握しておく必要があります。それは過去問を与えて判断できるものではなく、現在までの学習を踏まえてその理解度をチェックし、学校の傾向に合わせて当面の学習課題を明らかにしていかなくてはなりません。このテストでは、聖心女子学院初等科、雙葉小学校それぞれの傾向に合わせて4回実施し、お子さまが解決すべき課題を明らかにしていきます。
4月
志望校選択のために、学校の傾向に合わせて基本理解をチェック
6月
基礎段階の学習がどこまで身についているか、傾向に合わせてチェック
8月
夏休みの学習成果を踏まえ、傾向に合わせてチェック
10月
準備は万端か、入試直前総まとめチェック
テストの特徴
  1. 10問のうち難しいと思われる2~3問については、テスト後に解説授業を行います
  2. お子さまの苦手な領域を明確にするため、個別に結果を分析してコメントをお届けします
  3. 出題意図をお伝えし、子どもの理解度を分析するオンラインセミナーを実施します
  4. 必要であれば個別面談を行い、学習対策をアドバイスいたします
※各A・Bは同じ内容です
志望校選択チェックテスト「聖心」
日時A:4月3日(土) 9:00~10:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04ア
日時B:4月3日(土) 15:30~16:45教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04ア

志望校選択チェックテスト「雙葉」
日時A:4月3日(土) 11:00~12:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04イ
日時B:4月3日(土) 13:30~14:45教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04イ
2雙葉・聖心の数(1)
全体として易しくなったとはいえ、「雙葉小学校」「聖心女子学院初等科」の数に関する問題は相当工夫されています。日常授業の進度を見ながら、これまで学習したことをベースに入試レベルの問題に挑戦します。
授業内容
  1. 暗算練習・・・たし算・ひき算に関する問題をお話を聞いて暗算する
  2. 逆思考の問題・・・時間的順序を戻して数の変化を考える
  3. 一場面における数の総合問題・・・一場面の絵を見て、違う数の操作が必要な課題にしっかり答える
  4. 一対多対応
※A・Bは同じ内容です
日時A:4月18日(日) 13:00~14:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04エ
日時B:4月29日(木・祝) 10:00~11:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04エ
3合否を分ける「聞く力」を高める(1)
この講座では、絵本や創作童話を使って長いお話を聞かせ、ところどころで区切ってさまざまな領域の問題を解いていきます。入試では、特に「数」「移動」「私は誰でしょう」「関係推理」などが出題されますが、こうした新しい試験形式は、これまで幾つかの学校で試みられてきました。今後多くの学校でも採用されていくはずです。お話をしっかり聞く態度の育成も兼ねながら、こうした形式に慣れる練習を行います。
授業内容
花子さんのある1日のお話を通して、さまざまな問題に答える
1. 一対一対応 2. 左右関係 3. 個別単位 4. 量の三等分 5. 運筆 6. 同図形発見 7. しりとり 8. 話の順序
日時4月25日(日) 10:00~11:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04オ
4難関校の「図形」(1)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

最近の入試では、図形を素材にしながら実は論理的思考力を求めている問題が多く出されています。数の問題がパターン化しやすく易しくなっているような動きがある一方で、「新傾向の図形問題」は難問が増えています。そうした問題に立ち向かう力を育成します。
授業内容
  1. 図形構成と図形分割・・・台形構成、大小三角パズル(大1・小4)の構成
  2. 同じ形、同じ形の並び方を探す
  3. 回転同図形・・・回転したものの中から、お手本と違うものを探す
  4. つみ木の移動変化・・・どこが変化したのか考える
日時4月25日(日) 13:00~14:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04カ
5作業を通して「考える力」を伸ばす(1)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

一口に難問と言っても、記憶の要素を増やしたり、時間制限を厳しくしたり・・・と難問化する方法にはいろいろあります。しかし、この講座で取り組むのはそうした問題ではなく、約束を理解して順序よく考えるといった「論理的思考力」を求める課題です。答えに導くための方法を、自ら発見できるような「考える力」を育成します。
授業内容
  1. 組み合わせを考える・・・8枚のチケットで出来る遊びの組み合わせを考える
  2. 視点を変えて関係を考える・・・家系図における呼称 / 3人の子どもの座り方
  3. 逆思考・・・移動して到着したところから出発点にもどる/最後の数から途中の数を考える
※A・Bは同じ内容です
日時A:4月18日(日) 10:00~11:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04ウ
日時B:4月29日(木・祝) 13:00~14:15教室恵比寿本校 K&Sビル5F教室講座No.H21-04ウ

 反転授業について
ご家庭での予習を前提とした講座です。事前に予習教材をお渡しします。

 反転授業とは、これまで教室で行っていた基本学習を事前に家庭で行い、授業後に家庭で取り組んでいた応用力を身につける学習を教室で行う、というものです。 つまり、「授業→家庭学習」から「家庭学習→授業」への反転です。 聞きっぱなしの一方通行の教室での講義を、みんなで議論し理解を深めたり、新しい発見をするという授業に変化させるものです。

何の経験や理解もない状態で反転授業はできませんが、基礎学力が固まり、応用学習に取り組むこの時期になれば、難しい課題を解決するために、(1)ご家庭で基礎的な内容の予習を行い、(2)教室授業ではより深い学習をし、(3)その上でもう一度ご家庭で復習していただく、という指導法が可能になります。
こうすることで、家庭学習の目標もはっきりし、授業ではより難しい課題に挑戦することができます。どこでつまづき、何が壁になって理解できないのか・・・子どもの理解の道筋を把握し、しっかりとしたカリキュラムに基づく授業を提供できるこぐま会だからこそ、この「反転授業」で効果的な受験対策ができると確信しています。

PAGE TOP