ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です
新年長児対象 入試対策クラス
「学校別対策クラス ステップA」のご案内
2021年10月2日(土)

志望校に特化した学校別指導を行います

 世の中の学力観の変化が、いま小学校入試にも大きな影響をもたらしています。選考基準のひとつである学力の考査も年々進化し、工夫され、よく考えられた良い問題に改良され続けています。

こうした流れを分析し、今後の変化を予測しながら、各学校の入試傾向やレベルに合わせてお子さまを引き上げることが、学校別対策クラスの使命です。ばらクラスでの学習をベースとして、学校ごとに必要な学力を強化していきますので、stepAからぜひ受講していただきたいと思います。準備期間の長さは、合格率の高さに比例します。来年10月末まで、全36回の授業です。目標に向かって一緒に取り組みましょう。

対象校

  • 聖心女子学院初等科
  • 雙葉小学校
  • 東京女学館小学校(AO・一般入試)
  • 東洋英和女学院小学部
  • 白百合学園小学校
  • 日本女子大学附属豊明小学校
  • 田園調布雙葉小学校
  • 立教女学院小学校
  • 光塩女子学院初等科
  • 暁星小学校
  • 成蹊小学校
  • 学習院初等科
  • 青山学院初等部
  • 立教小学校
  • 桐朋学園小学校
  • 桐朋小学校
  • 目黒星美学園小学校
  • 早稲田実業学校初等部 など

クラス・指導内容
(クラス名をクリックすると指導内容をご覧いただけます)

 聖心クラス
 聖心女子学院初等科では、4・4・4制のシステムに移行し、中学校入試も廃止されました。第2ステージへの編入試験があるとはいえ、本格的な入試は小学校入試のみとなりました。そのため、今まで以上に学力を重視する傾向にならざるを得ず、私立小学校の中における問題づくりにおいて、リーダー的役割を担う学校になりました。また、社会の変化に伴う学校の役割を考え、家庭に寄り添った改革を推し進め、母親が働く家庭向けの「アフタースクール」もはじまっています。これからの社会の変化に伴う改革を積極的に推し進めていこうとしています。
ところで、これまでの聖心の入試問題には、いくつかの特徴があります。
  1. 話の聞き取りを重視している
  2. 運筆につながる図形模写等は、丁寧に書くことを求めている
  3. 数においては暗算能力が求められている
  4. 作業を通して答えを導き出すような問題を重視している
聖心が求めるこうした能力を、基礎から応用へと積み上げていくのが、このクラスの目的です。ばらクラスの授業進度に沿って、無理のない学習ができるよう、1年間のカリキュラムを用意しました。また、家庭学習との連動を重視した予習教材・復習教材を充実させ、家庭と教室とが同じ考え方で学習できるような環境を整えました。第1希望として聖心合格を目指す方は、このステップAから学習を始めることをお勧めします。

ステップAで重視する学習の課題
  • 話の内容を正確に理解する
  • 指示の聞き取りが、1回で正確にできる
  • 運筆の練習
  • 図形模写・欠所補完
  • 丁寧に書いたり、色塗りしたりする練習
  • 暗算能力を高めるトレーニング
【学習項目】
未測量じゃんけんによる関係推理
位置表象すごろく移動
数の構成 / 分類計数
図形折り紙を使って / 真四角パズル
言語一音一文字 / しりとり遊び
生活 他私は誰でしょう
 雙葉クラス
 雙葉小学校の問題は、最近易しくなったと言われます。確かに、以前の問題と比べると、基本的な事項を問いかける問題が多くなったように思います。しかし、一つ一つの問題を見ていくと、かなり工夫された問題が多いのに気付きます。一見すると易しく見える問題も、指示をしっかり理解し、作業して答えを導き出さなければならない問題が多く、知識だけで解ける問題は、ほとんどありません。その意味で、女子校の問題づくりをリードしてきた学校の片鱗は垣間見ることができます。問題が易しくなれば、平均点は上がります。基本問題で点を落とすことになると、合否に大きく影響してきます。難問ばかりを練習する前に、まず基本をしっかり固めておくことが必要です。ステップA,Bにおいては基礎固めの学習を徹底し、ステップCから、過去問を含めた難問対策を行う予定です。

ところで、これまでの雙葉の入試問題には、いくつかの特徴があります。
  1. 話の内容理解は、かなり長い物語文が多い
  2. 数領域においては、かけ算・わり算の考え方をベースに、かなり高度な論理が求められている
  3. 図形領域においては、図形構成―図形分割が良く出され、高度の図形感覚が求められている
  4. 位置表象領域の問題が多く、なかでも、方眼を使った課題や飛び石を使った移動の問題など、論理性を求められる問題が多い
  5. 子どもの遊びに着目し、そこで求められているルールの理解を問題の正面に据えたものが、工夫されて出ている
  6. ペーパーにおける時間制限はかなり厳しい
  7. 手先の巧緻性に関する問題は、毎年出されている
雙葉が求めるこうした能力を、基礎から応用へと積み上げていくのが、このクラスの目的です。ばらクラスの授業進度に沿って、無理のない学習ができるよう、1年間のカリキュラムを準備し、また授業と連動した家庭用教材も十分に用意します。教室での学習を家庭で徹底して復習すれば、それが一番無理のない学習方法になるはずです。ステップAからの受講をお勧めします。授業内容は以下の通りです。
【学習項目】
未測量重さくらべ(シーソー)
位置表象すごろく移動(じゃんけんゲーム)
数の構成
図形ツートンパズル
言語一音一文字 / しりとりゲーム
生活 他観点を変えた分類
 東京女学館クラス
 東京女学館小学校の入試は、AO型入試と一般入試という2つの形式をとっています。独自の特徴的な教育方針を打ち出し、それが教職員、児童にしっかり浸透している様子が行事などを通して明確に感じ取れるため、近年更に人気が高まり、受験者数が増えています。東京女学館が求めている子ども像もはっきり打ち出されているため、学力だけではない「よい子のめあて」を指針とした子育てが必要です。

また東京女学館は、入試の中に親子活動を取り入れた先駆けの学校です。親子の関係が子どもの成長において極めて重要だと認識しているからです。子どもが家庭の中でどのように成長してきたかを問う課題も、多く取り入れられています。子どもを幼児教室に任せきりで家庭学習をおろそかにするようでは、真の力は付きません。教室とともに、二人三脚で協力し合うという考え方が大切です。

ステップAでは、年中児の発達に合わせ、できる限り具体物を使った体験を積みながら学習を進めていきます。東京女学館の教育も体験学習を重視しています。ペーパー学習に偏った受験対策では、「工夫してがんばる子」を育てることはできません。失敗や試行錯誤を繰り返し、自分の力で考えることが身につくように指導いたします。

AO型入試では子どもの面接が重視されており、その方法も独特です。また一般入試では、3時間近くかけて子どもを多方面からじっくり観察、評価されます。東京女学館クラスでも入試と同様に、行動観察クラスと併せた3時間で、ゆっくりじっくり子どもと向き合う方針です。ぜひ、行動観察クラスと併せた受講をご検討ください。
【学習項目】
未測量シーソーの関係推理
位置表象上下左右関係の聞き取り / 位置の対応
分類計数 / 数の構成 / 同数発見 / 数の多少 / 分類
図形図形構成(三角パズル・ピクチャーパズル)
言語一音一文字 / しりとり
絵画課題画
その他線の模写 / 塗り絵 / 欠所補完
 東洋英和クラス
 東洋英和女学院小学部の入試では、考査と三者面接(考査前)が行われます。考査は、ペーパーテスト、絵画・製作、運動、行動観察と総合的な内容です。ペーパーの出題領域は多岐にわたり、年長児の成長過程を見るのによく練られています。難問は少なく無理のないものばかりですが、時間制限が厳しいなかで、できる限りの高得点を取ることが望まれます。東洋英和が求めているのは、「柔軟 かつ 深い思考力」そして「物事にじっくり取り組む習慣」で、ただ解き方を知っていることや早くできることではありません。
ステップAでは、現段階のお子さまの発達に合わせ、具体物を使いながら体験したり、 諦めずにじっくり取り組む経験を積むことを大切にしていきます。いろいろな問題に順応して正確に解いていくためには、その考え方をしっかりと自分のものとして定着させておかなければなりません。基本課題を中心に行い、その中で試行錯誤して最後まで頑張る力を身につけていけるよう指導いたします。ほぼ毎年出題されている絵画や運筆・製作・運動についても、その基礎部分を行います。
【学習項目】
未測量水量の系列化 / 保存
位置表象方眼上の位置
分類計数 / 数の多少 / 数の構成
図形図形構成 / 同図形発見 / 点図形
言語一音一文字 / しりとり / 話の内容理解
絵画・手先の巧緻性塗り絵 / 描画 / ハサミ / 箸
運動ケンケン / スキップ
 暁星クラス
 暁星小学校を志望される男子を対象としたクラスです。授業では、暁星の問題を扱うことが中心となりますが、筑波大学附属小学校・成蹊小学校・洗足学園小学校・目黒星美学園小学校など、男子が受験する学校に対応しています。暁星は2次制の入試で、1次試験では知能テスト(ペーパーと運動)、2次試験では生活テスト(行動観察)と面接が行われます。ペーパーは全領域から出題されます。

ステップAでは、学力とともに大切な、聞き取る力、考える力、行動する力を養っていきます。学習課題と行動観察(運動を含む)がメインとなり、重要な課題については繰り返し練習できるよう構成しております。できない問題に対しても、最後まであきらめずに取り組む力を身に付けられるよう指導いたします。基礎段階からしっかりやっておかなければならないこと、基礎だからこそやっておくべきことを、以下の内容を中心に取り組んでいきます。
【学習項目】
未測量シーソー
位置表象右手・左手
計数 / 分類計数 / 数の構成 / 同数発見 / 仲間あつめ
図形点図形 / 図形構成 / 同図形発見
言語話の内容理解 / 同頭音・同尾音 / しりとり
生活 他箸つまみ
行動観察口頭試問
運動ケンケン / ボールつき / 行進 / 駆け足
募集要項
  • 対象

    2022年4月に年長になるお子さま(2016年4月2日~2017年4月1日生まれ)

  • 場所

    恵比寿本校

  • 授業回数

    4回※途中回からの受講も可能です

  • クラス/曜日・時間
    恵比寿本校
    クラス曜日時間
    聖心A(水)15:00~16:30
    B(金)15:00~16:30
    C(土)16:00~17:30
    雙葉A(水)15:00~16:30
    B(金)15:00~16:30
    C(土)16:00~17:30
    東京女学館A(火)15:00~16:30
    B(木)15:00~16:30
    C(土)14:00~15:30
    東洋英和(火)15:00~16:30
    暁星(木)15:00~16:30
    ※同じ学校名のクラスは同じカリキュラムです。
  • 日程表
     第1回第2回第3回第4回
    (火)11月23日11月30日12月 7日12月14日
    (水)11月24日12月 1日12月 8日12月15日
    (木)11月25日12月 2日12月 9日12月16日
    (金)11月26日12月 3日12月10日12月17日
    (土)11月27日12月 4日12月11日12月18日
  • 定員

    各クラス12名
    ※東京女学館クラスは各10名

受付方法
お問い合わせ・ご相談
  • 内容についてのお問い合わせ・受講のご相談
  • 電話番号

    • 恵比寿本校:03-5489-1630 (教務部)
    • ※授業が行われている時間帯は電話に出られない場合がございます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承ください。

PAGE TOP