ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です

少人数制・単元別講座「KOGUMA ひまわり会」考える力を伸ばす「室長特別講座」

理解の進んだ子に、より高度な学習を。

合格に向け、いよいよ山場を迎えます。
これまでの学習の成果を確認するとともに、難しい問題にもチャレンジしなくてはなりません。室長特別講座も、この大事な時期に合わせて12講座を用意しました。過去6年間、難関校合格の8割以上の会員がこの講座でトレーニングを積みました。ぜひご参加ください。

7月の室長特別講座

講師
こぐま会代表 久野泰可
対象
年長児 ※教育効果を考え、最近のテストで偏差値45以上のお子さまを対象とします
1難関校 新傾向の図形問題(4)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

従来から難しいとされてきた、「線対称」と「重ね図形」を関連づけながら学習します。「図形構成」「図形分割」に代わって、新しい傾向になりつつある2つの課題をしっかり学習します。
授業内容
1.模様づくり 2.折り紙の線対称 3.鏡映像 4.重ね図形(2つの重ね方の複合問題)
日時7月17日(水) 15:00~16:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07ウ
2「考える力を伸ばす」難問講座(4)  反転授業
※予習教材をお届けします(実施日10日前)。お早めにお申し込みください。

「飛び石移動」に代表される、旅人算的発想を求める問題を中心に取り組みます。同時に2つのものが動き、追いかけたり、出会ったりする問題の解き方を練習します。また方眼上の移動の応用問題、追い抜き追い越しを伴う順序の入れ替えも学びます。
授業内容
1.旅人算的移動 2.方眼上の移動 3.順序の入れ替え
日時7月20日(土) 9:00~10:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07カ
3雙葉・聖心 これだけは外せない過去問トレーニング  テスト+解説授業
ステップ6までの授業がほとんど終わり、この夏は難しい過去問に取り組む時期です。これまで学校別対策等で積み上げてきた学習の成果を、実際に出された問題に取り組むことを通して、理解度をチェックする必要があります。室長講座では、9月から雙葉小学校と聖心女子学院初等科の合格に向けた最後のトレーニングをしますが(全5回ずつ)、7月と8月の2回は、過去問を素材としたトレーニングによって、いまだ理解できていない問題は何かを明らかにし、この夏に何を解決すべきかを明らかにします。すでにご家庭でも過去問とっくんに取り組んでいるかと思いますが、今回の講座では、過去10年間のみならず、それ以前の問題のなかにも良問がたくさんありますので、それらを含め、毎回12枚のペーパーをトレーニングします。最近10年間の問題は、すでにご家庭で取り組んだ問題もあると思いますので、その場合は設問を少し変えるなど工夫し、答えを覚えていたからできた・・・ということにならないように工夫したいと思います。
これまで両校の学校別講座を受講できなかった方、また最近になってこちらの学校を目指すと決めた方にとっては、とても有効な講座になると思います。
授業内容
2008年以前の問題の中で取り組んでおきたい問題を行います。
「雙葉」これだけは外せない過去問トレーニング
日時7月27日(土) 9:00~10:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07ケ
「聖心」これだけは外せない過去問トレーニング
日時7月20日(土) 14:00~15:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07ク
4雙葉・聖心の数(4)
最近よく出される一場面の絵を使った数の総合問題を中心に、生活文の中で変化する数をしっかりとらえ、暗算で答えを導き出す練習をします。
授業内容
1.数の等分 2.一場面の絵の数 3.文章題 など
日時7月9日(火) 15:00~16:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07ア
5雙葉・聖心の数(5)
一対多対応の応用問題である「交換」の問題を中心に取り組みます。雙葉も聖心も最近の入試では、毎年出される問題になりました。しかも、毎年毎年難しくなってきています。基本をしっかりチェックしながら、入試レベルの課題に挑戦します。
授業内容
1.数あてゲーム 2.一対多対応の応用 3.交換
日時7月27日(土) 11:00~12:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07コ
6入試レベル応用課題演習
日常授業のほうは、5月から応用段階の学習に入りました。内容がだんだん難しくなってきていますが、お子様の様子はいかがですか。難しい課題には、必ず基礎がありますので、わからなければそこまで戻って復習する必要があります。応用段階のステップ5と6には、入試に絡む難しい課題が多くあります。今回は、そうした入試問題を解くために必要な「考える力」が十分身についているかを点検し、重要事項をトレーニングします。
授業内容
1.逆対応 2.四方からの観察 3.折り紙を使った線対称 4.回転推理(回転テーブル) 5.魔法の箱 6.シーソーの五者関係 7.シーソーのつりあい 8.約束による数の変化 9.重ね図形(半分に折って重ねる) 10.回転図形(描画) 11.話の内容理解
日時7月17日(水) 17:00~18:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07エ
7「聞く力」を高める講座(4)
まとまった長いお話を途中で区切りながら、数や図形など、言語領域以外の問題も解きながら、話が進んでいきます。これまで、聖心女子学院初等科はじめいくつかの学校で取り上げてきた方法ですが、聞く力を高めるために、今後多くの学校で取り上げる可能性のある出題方法です。小学校入試は、設問を聞いて問題を解く方法ですから、こうしたトレーニングは聞き取り能力を高めるためにも有効です。
授業内容
「はじめてのお泊り」
1.地図上の移動 2.私は誰でしょう 3.記憶 4.一対多対応 5.数の増減 6.対称図形 他
日時7月18日(木) 15:00~16:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07オ
8学習院併願対策(1) 図形課題・記憶
学習院初等科を併願で目指す方のための講座です。学習院の入試問題は傾向がはっきりしており、数に関する問題がほとんどない代わりに図形問題が難しく、記憶の要素が多く盛り込まれています。他校向けの学習ではカバーしきれない、記憶と難しい図形課題を、実際に出された問題を参考にトレーニングします。ペーパーを使わない個別テスト形式で考査を行う分、ペーパーとは違った難しさがあります。それに慣れていただくのも、一つの目的です。
授業内容
1.図形構成 2.重ね点図形 3.形を使った想像画
日時7月20日(土) 11:00~12:00教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07キ
9非認知能力を伸ばす 7月の行動観察
今回の講座では、発表力とコミュニケーション能力を見る課題に付け加え、課題制作を行います。詩の暗唱は、あらかじめ練習してきたものを、みんなの前で一人ずつ発表する方法をとります。(評価者:廣瀬)
授業内容
1.発表力(詩の暗唱) 2.インタビューごっこ 3.課題制作
※事前に教材をお届けします(実施日10日前)ので、お早めにお申し込みください。 ※授業でのお子さまの様子を撮影したDVDを後日お渡しいたします。
※A・B・Cは同じ内容です
日時A:7月9日(火) 17:00~18:30教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07イ
日時B:7月18日(木) 17:00~18:30教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07イ
日時C:7月27日(土) 14:00~15:30教室K&Sビル5F教室講座No.H19-07イ

 反転授業について
ご家庭での予習を前提とした講座です。事前に予習教材をお渡しします。

 反転授業とは、これまで教室で行っていた基本学習を事前に家庭で行い、授業後に家庭で取り組んでいた応用力を身につける学習を教室で行う、というものです。 つまり、「授業→家庭学習」から「家庭学習→授業」への反転です。 聞きっぱなしの一方通行の教室での講義を、みんなで議論し理解を深めたり、新しい発見をするという授業に変化させるものです。

何の経験や理解もない状態で反転授業はできませんが、基礎学力が固まり、応用学習に取り組むこの時期になれば、難しい課題を解決するために、(1)ご家庭で基礎的な内容の予習を行い、(2)教室授業ではより深い学習をし、(3)その上でもう一度ご家庭で復習していただく、という指導法が可能になります。
こうすることで、家庭学習の目標もはっきりし、授業ではより難しい課題に挑戦することができます。どこでつまづき、何が壁になって理解できないのか・・・子どもの理解の道筋を把握し、しっかりとしたカリキュラムに基づく授業を提供できるこぐま会だからこそ、この「反転授業」で効果的な受験対策ができると確信しています。

PAGE TOP