ページ内を移動するためのリンクです
MENU
ここから本文です
新年長児対象 入試対策クラス
「学校別対策クラス ステップB」のご案内
2018年12月7日(金)

志望校に特化した学校別指導を行います

 世の中の学力観の変化が、いま小学校入試にも大きな影響をもたらしています。選考基準のひとつである学力の考査も年々進化し、工夫され、よく考えられた良い問題に改良され続けています。 こうした流れを分析し、今後の変化を予測しながら、各学校の入試傾向やレベルに合わせてお子さまを引き上げることが、学校別対策クラスの使命です。ばらクラスでの学習をベースとして、学校ごとに必要な学力を強化していきますので、stepBからぜひ受講していただきたいと思います。準備期間の長さは、合格率の高さに比例します。来年10月末まで、あと32回の授業です。目標に向かって一緒に取り組みましょう。

対象校

  • 聖心女子学院初等科
  • 雙葉小学校
  • 東京女学館小学校(AO・一般入試)
  • 東洋英和女学院小学部
  • 白百合学園小学校
  • 日本女子大学附属豊明小学校
  • 田園調布雙葉小学校
  • 横浜雙葉小学校
  • 立教女学院小学校
  • 光塩女子学院初等科
  • 晃華学園小学校
  • 慶應義塾横浜初等部
  • 暁星小学校
  • 洗足学園小学校
  • 成蹊小学校
  • 青山学院初等部
  • 成城学園初等学校
  • 立教小学校
  • 目黒星美学園小学校
  • 桐朋学園小学校
  • 桐朋小学校 など
※学習院初等科については、ひまわり会 の講座で対策を行います。(開講時期などにつきましては別途ご案内させていただきます)

クラス・指導内容
(クラス名をクリックすると指導内容をご覧いただけます)

 聖心[A・B・K]クラス
 現在の小学校入試で、問題づくりのリーダー的存在となっている聖心女子学院初等科は、今回の入試でも工夫した問題を出しています。ペーパーの枚数だけ見ると昨年は11枚でしたが、今年は9枚だったようです。常識問題が減った分、少なくなった感じがします。枚数が減っても問題の質は相当高いものがあります。特に今回はほとんど予想したとおりの出題でした。シーソーの四者関係・10の構成・飛び石移動・対称図形など、学校別対策クラスで何度も練習した問題でした。一見やさしそうでも、詳しく見ていくとかなり工夫した問題が多く、基礎学力がしっかり身についていないと合格点がもらえないことは確かです。
1月から始まるステップBではそうしたことを踏まえ、まず基礎学力をしっかり固めるための学習を行います。また、最後の8回目は点検テストを行い、何が理解できていないのかを明確にし、家庭学習の参考にしていただきます。そのために、毎回5~6枚の家庭学習用教材をお渡ししますので、しっかり復習し次の学習に備えてください。
【学習項目】
未測量関係推理(じゃんけん) / 量の等分
位置表象方眼上の位置
暗算練習(数の構成・数の多少・数の等分)
図形折り紙を使って / 正方形5枚の構成 / 図形模写 / 立体構成
言語一音一文字 / しりとり
生活 他運筆練習 / 色塗り / 理科的常識
 雙葉[A・B]クラス / 難関校クラス (*1) / 女子難関校クラス (*2)
 雙葉小学校の問題は難しいと言われてきましたが、最近はやや易しくなったような気がします。しかし、基本問題といえどもいろいろ工夫された良問が出され、子どもたちにとってはかなり難しい問題に映るはずです。今年秋に行われた2019年度入試において、ペーパー問題は昨年より1枚少なく5枚で行われました。
  1. 話の内容理解
  2. 数(一対多対応)
  3. 回転推理
  4. 私は誰でしょう
  5. 常識・昔話
特に目新しい問題はありませんが、一対多対応や回転推理の問題など、いろいろ工夫がなされ、「考える力」が求められる問題が多いことには変わりありません。見方を変えれば、観察力が求められたり、集中力が問われている証です。そこに、あきらめないで最後までがんばりぬく力を求めているのでしょう。今はやりの「非認知能力」の典型です。その力を身につけるためには、教え込みの教育では実現できません。自分の力で取り組み、試行錯誤して答えに導く経験を多く持たせなければ、合格にはつながりません。
1月から始まるステップBの内容を領域ごとにまとめると、次のようになります。
【学習項目】
未測量シーソーの四者関係
位置表象左右の理解 / 四方からの観察と鏡
数の構成
図形三角パズル / 正方形の構成 / 図形模写
言語一音一文字 / 言葉づくり / お話づくり / 話の内容理解
生活 他観点を変えた分類 / 指示行動
 東京女学館クラス
 東京女学館小学校のAO型入試は、近年は一般入試の縮小版のような形で行われ、短いテスト時間の中で、面接・運動・手先の課題・ゲーム遊びなど、かなり盛りだくさんの課題が行われています。その中でも注意すべきは、2度行われる面接です。先生の話すことをしっかり聞き取り、よく考え、思ったことをきちんと相手に伝える言語力が必要です。
また、一般入試ではAO型入試の課題に加えて、ペーパーテスト・絵画制作、親子活動などがあります。こちらは約2時間半の長い試験時間の中で、更にいろいろな角度から子どもを見ようとする学校側の姿勢がうかがわれます。
こぐま会では、AO型入試だけでなく、一般入試にも対応できるようカリキュラムを組んでおり、行動観察対策クラスと併せて1日3時間の授業を行います。このクラスでは、主にペーパー・個別・聞き取り・絵画・手先の課題などを行い、行動観察対策クラスでは、運動・面接対策・指示行動の課題などを行います。近年は、一般入試の課題がAO型入試に導入されてきているので、ぜひ両講座を併せた受講をお勧めいたします。
東京女学館は教育方針として「よい子のめあて」を掲げ、家庭での教育をとても重視しています。入試でも子どもを通してご家庭をしっかり見ようという課題が多く取り入れられています。別途セミナーも実施し、保護者様のフォローもきめ細かく行っていきます。
【学習項目】
未測量シーソーの関係推理 / 言葉による三者関係 / 保存 / 多さくらべ
位置表象右手・左手 / 方眼上の位置と移動 / 位置の対応
分類 / 計数 / 数の多少 / 数の増減 / 同数発見 / 等分
図形図形構成(立体・平面) / 点図形 / つみきパズル
言語同頭音・同尾音 / しりとり / 話の内容理解
常識季節の理解 / 生活的常識
手先の巧緻性運筆 / 色塗り / ハサミ切り
絵画課題画
 豊明クラス
 日本女子大学附属豊明小学校の入試では、まずペーパーで確実に得点しなければなりません。基本的な問題が中心ですが、豊明独特の難問が出題されることがあります。それに対応できる基礎力と、問題数の多い近年の傾向から、集中して1問1問を確実に解いていく力をしっかり身につけなければなりません。それには、自分で試行錯誤しながら答えを導き出すという経験がとても大切です。言いかえれば、時間がかかってもしっかり考えて丁寧に解いていけば、確実に答えにたどり着くという自信を身につけるということです。
また、子ども同士の関わりや課題に対する取り組み方を見る行動観察が、近年特に重視されています。自分本位ではなく、友だちの言動や与えられた課題に臨機応変に対応し、お友だちと協力し合えること、このことが行動観察の課題でじっくり時間をかけて評価されています。
これらを踏まえてステップBでは、具体物を使って理解を深めると同時に、それをペーパー問題でも確認しながら、自分でしっかり考え、順序立てて答えを導きだす経験を大切にします。ご家庭でもお子さまとしっかり向き合って復習し、お子さまがどこで間違えるのかを確認してください。机上ばかりではなく、普段の生活の中にこそ学ぶべき事柄がたくさんあります。それを見落とさずに子どもに発信できることが、保護者の大きな役割でもあります。
【学習項目】
未測量逆対応 / シーソーの関係推理 / 言葉による三者関係
位置表象右手・左手 / 四方からの観察
分類 / 同数発見 / 等分 / 数の構成 / 数の多少
図形図形構成 / パターンブロック / 三角パズル / つみきパズル / 点図形
言語一音一文字 / 話の内容理解 / 動き言葉 / しりとり
手先の巧緻性運筆 / 塗り絵 / ひも結び / 箸
常識時系列 / 理科的常識
行動観察協同作業
 田園調布雙葉クラス
 田園調布雙葉小学校の入試は、考査と三者面接(考査前)を行います。考査の方法は、ペーパーテスト・個別テスト・行動観察を行います。
ペーパーテストは、子どもの知的発達を多角的に見る意図で行われます。出題数も多く、領域も多岐にわたります。基本的な問題だけでなく、論理的な思考力を必要とする問題や、運筆・常識・推理・記憶の問題もよく出題されます。小学校になってからの教科学習につながる課題を意識した内容が、さまざまな領域から数多く出題されます。合格に向けた対策として、基本から応用までしっかりと学力をつけることが必要です。また、学習課題のほかには、生活場面を意識した手先の巧緻性も出題されます。
ステップBでは、今後の応用課題への対策に向け、基本をしっかりと学んでいきます。学校の出題内容に合わせ、次の課題を行います。
【学習項目】
未測量広さくらべ / 長さくらべ / 個別単位 / 水量の系列化 / 順対応 / シーソー
位置表象方眼上の位置 / 方眼の記憶 / 右手・左手
数の多少・構成(5・6・7) / 形の等分 / 数の等分 / 仲間はずれ / 私は誰でしょう
図形図形構成 / 図形分割 / 同図形発見 / 図形模写 / 点図形
言語一音一文字 / 同頭音 / 動詞 / しりとり / 聞き取り
その他理科的常識 / 生活常識 / 鏡映像 / 選択抹消 / 絵の記憶 / 数の復唱と逆唱 / 短文復唱
個別テスト対策については、お話づくり・常識・問題解決などの課題に口頭で答える形式で行います。ステップAに引き続き、自分の考えや意見を言葉で相手に伝える力を身につけ、積極的に課題に取り組めるように指導していきます。

 暁星クラス
 暁星小学校を志望される男子を対象としたクラスです。授業では、暁星の問題を扱うことが中心となりますが、筑波大学附属小学校・成蹊小学校・洗足学園小学校・目黒星美学園小学校などにも対応しています。暁星は2次制の入試で、1次試験では知能テスト(ペーパー)と運動テスト、2次試験では生活テスト(行動観察など)と面接が行われます。ペーパーは全領域から出題されます。
ステップBでも、ステップAに引き続き、学力とともに大切な、聞き取る力・考える力・行動する力を養っていきます。また、できない問題に対しても、最後まであきらめずに取り組む力を身に付けられるよう指導いたします。特に行動観察では、周囲に目を向け、いま何をしなければならないのか判断できるように経験を積んでいきます。
授業内容は、学習課題と運動・行動観察です。次の3つの柱を毎回の授業で行い、繰り返していくことで、上記の力を養っていきます。重要な課題については繰り返し練習できるように構成しています。
  1. 1つの単元を、具体物を通して考え方や操作の方法を学ぶ
  2. 5~6枚のペーパーを行い、取り組む姿勢・問題への理解・考え方を学び、判断力を身に付ける
  3. 行動観察・運動課題で、友だちとの関わり・身体能力・粘り強さを向上させる
暁星小学校以外の学校をお考えの方も、男子の必要とする力をこの時期からじっくりと学んでいきましょう。
【学習項目】
未測量シーソー
位置表象右手・左手 / 記憶 / 位置の対応 / 位置の移動 / 四方からの観察
計数 / 分類計数 / 数の構成 / 同数発見 / 仲間あつめ / 一対一対応 / 数の等分 / 数の増減
図形点図形 / 図形構成 / 同図形発見 / 重ね図形 / 線対称
言語話の内容理解 / 同頭音・同尾音 / しりとり / 一音一文字 / お話づくり
生活 他スモックの着脱 / 箸つまみ / 迷路 / 社会的常識 / 理科的常識 / 昔話 / 季節
行動観察口頭試問 / ドミノ
運動ケンケン / ボールつき / 投げ上げキャッチ / 行進 / 駆け足
 個別テスト対策[O]クラス (*3)
 この講座では、先生と1対1の形式(=個別テスト形式)で行われる学力試験に向けて、「対話力」と「試行錯誤力」を身につけていきます。「対話力」とは、先生の話を正確に理解し、自分の考えや答えを論理的に伝える力です。また「試行錯誤力」とは、与えられた課題に対して積極的に取り組み、粘り強く考え、答えを導き出す力です。

授業では、個別テストの形式でよく出題されている単元学習と、行動観察対策を行いながら、個別テスト校の合格を勝ち取るために必要な5つの柱を掲げ、指導していきます。
  1. あらゆる記憶トレーニングを行い、集中力を身につける
  2. 事物を使って理解を深め、考える力を身につける
  3. ハキハキと自信を持って答える対話力を身につける
  4. 絵画制作、巧緻性、運動課題の基礎技術を身につける
  5. 幼児に相応しい挨拶、姿勢、所作をしっかりと身につける
【学習項目】
未測量シーソー
位置表象位置の移動 / 位置の言語化
一対一対応 / 数の多少
図形ツートンパズル / 三角パズル
言語聞き取り / しりとり
その他記憶 / 口頭試問 / 手先の巧緻性 / 指示制作 / 運動
 慶應横浜[O]クラス
 この講座では、慶應義塾横浜初等部の合格に向けて、1次試験のペーパー対策と2次試験の行動観察対策を行います。また、特に合否を分ける以下のテーマを掲げ、ばらクラスの進度に合せて指導していきます。
  • 難問にも対応できる、高度な理解力と思考力を身につける
  • 特に図形領域は、思考と感覚を身につけ、図形センスを磨きあげる
  • 運動トレーニングを毎回行い、バランス・敏捷性・体力を身につける
  • 基本の制作技術を身につけ、指示制作、課題製作、自由制作に対応できるようにする
  • 集団活動を通じて、問題解決力とコミュニケーション能力を身につける
ステップBでは、事物を使った単元学習と、運動と絵画制作で必要とされる基本技術・技能を身につけていきます。
【学習項目】
位置表象方眼上の位置と移動 / 左右関係
分類計数 / 数の構成
図形点図形 / つみき構成 / 図形構成
言語話の内容理解 / お話づくり
生活 他常識
運動模倣体操 / 指の屈伸 / バランス / ケンケン / ギャロップ / クマ歩き
制作はさみ / のり / テープ
 立教女学院[K]クラス
 立教女学院小学校の考査は2日間の日程です。その中でペーパー課題・運動課題・手先の巧緻性課題・行動観察が行われます。成績もさることながら、立教女学院の校風で伸びゆくご家族とお子さまをじっくり判断しているようです。ペーパー課題の問題数は多いですが、解きにくい難問が出るわけではありません。しっかりと指示を聞くことができ、これまでご家族や園で過ごしてきた中で培ってきた、子どもらしい知識が十分にあることが大切です。
立教女学院合格に向け、この講座ではお子さまが楽しく学習に向い、さまざまな経験から知識を高められるようにカリキュラムを組んでいます。自分で見たり、聞いたりしたこと、またお友だちの経験も糧として、豊かな知識を身につけていくことを目標としています。運動や手先の作業、集団遊びなども授業の中で組んでいきますが、カリキュラムにあるからではなく、1時間半という時間を豊かに過ごし、自分自身への自信と正直者でいるという心を、時間をかけて育てていきます。
【学習項目】
未測量いろいろな方法で長さを比べる / 決められた長さを作る
位置表象鏡であそぶ
分類計数 / 数の構成 / 数の多少 / 等分
図形間違いさがし / 同図形発見 / 重ね図形で遊ぶ
言語しりとり / 一音一文字
生活 他分類 / 季節の理解(秋・冬) / 種・球根の観察 / 野菜・果物の断面図 / 素材の理解
手先の巧緻性箸つまみ / ひも通し / 折り紙 / 指示制作
行動観察模倣運動 / 連続運動 / リズム遊び
 女子難関校[K]クラス (*4)
 難問のペーパー課題を出題する学校(雙葉小学校・白百合学園小学校・光塩女子学院初等科・晃華学園小学校)を目指す女子を対象としたクラスです。
このクラスでは、どの学校の試験にも対応できるバランスのとれたお子さまの育成を目指します。試行錯誤により柔軟で力強い思考力を育てると共に、全ての活動において周囲にも目をやり、今何をすべきかを考えて行動できるように、細やかな指導をしてまいります。
今の時期は学習習慣も定着し、ペーパーでもいろいろな問題に取り組めるようになってくる頃です。つい、さまざまな課題に手を出してしまいがちですが、どの課題にも共通するのはしっかりとした観察力と聞き取りの力です。ばらクラスと並行し、具体物を用いた学習課題の点検もしていきますが、点図形や図形模写、指示制作の課題を多く盛り込み、4月に入ってからの本格的な学習に十分に対応できるだけの基礎力と粘り強く課題に取り組む集中力を身につけていきます。他塾にお通いの方、まだ受験準備を始めていらっしゃらない方も、お子さまの状況と志望校に応じて対応いたしますので、一度ご相談ください。
(※)立教女学院小学校もペーパー課題が出題されますが、常識課題が中心であることと、運動課題・巧緻性課題・集団活動などの対策が重要であるため、「立教女学院クラス」は別に設けています。
【学習項目】
未測量広さ・長さの理解 / シーソーを使った重さくらべ
位置表象右手・左手の理解 / 道の移動
分類計数 / 数の構成 / 数の多少 / 等分
図形三角パズル / 図形模写 / 点図形 / 図形構成 / 間違いさがし
言語一音一文字 / しりとり / お話づくり
生活 他分類 / 季節の理解(秋・冬) / 昔話の理解 / 野菜・果物の断面図
手先の巧緻性箸つまみ / ひも通し / 折り紙 / 指示制作
行動観察模倣運動 / 連続運動 / 集団絵画と的当てゲーム / リズム遊び
 桐朋・桐朋学園[K]クラス (*5)
 ステップB後半(2月8日)より開講します。
両校ともペーパーテストはありませんが、入試課題はペーパーテスト以上に高い学力を必要とする課題となっており、結果ペーパーテストでもしっかり得点ができる学力の高いお子さまが合格されています。
このクラスでは桐朋・桐朋学園で出題される具体物を使った図形・推理課題に対して十分に試行錯誤をし、すばやく判断し次の行動にうつせることを目標に、下記の点に留意してカリキュラムを作成しました。
1. 理解を深められるようステップごとにテーマを定め、同じ課題を少しずつ難度を高めて繰り返し行う。お子さまの理解に合わせ、段階を踏んで難しい課題に挑戦していくことにより、子ども自身の向上心も育てる。
ステップBのテーマは平面図形です。パズルを使った形作りを中心とした試行錯誤を行います。見本構成・記憶構成・重なり図形・欠所補完に挑戦します。形の全体像をつかむこと、手元にあるパズルやつみ木の大きさから、どのように配置すればいいのかを考えます。形の長さ、角の大きさなどの特徴をつかみ、見通しをもって作業できるようにしましょう。
※同じ教具をステップ内で繰り返し使用することがありますが、異なるアプローチの学習を行ないます。
2. 毎回、お話の内容理解と記憶課題、ばらクラスの学習進度に合わせたペーパー課題を行う。指示理解力の向上と、作業集中力を高める。
3. 生活巧緻性・制作巧緻性として指先の活動を行う。
ステップBでは運筆・摸写を通して、筆記具の正しい持ち方を習得する。
学習を始めたばかりの方、学習を行なっているけれども理解できていない単元が多い方は、両校の受験をご検討でなくともぜひご参加ください。物のとらえ方、動かした変化のとらえ方が分かるようになると、相乗して別の課題についても理解が進む場合があります。
お子さまの課題点に合わせた指導を行いますので安心してご参加ください。
(※)集団活動は行いません。
吉祥寺教室での集団活動の対策はひまわり会「行動力育成講座」にて行なっております。併せてご参加ください。

(*1) 難関校クラスは、雙葉クラスと同じカリキュラムです(ステップBまで)。ステップCからは「難関校」「東洋英和」の2クラスに分かれ、ステップEでは「東洋英和」「横浜雙葉」「男子難関(対象校:暁星小学校・洗足学園小学校・成蹊小学校」の3クラスとなり、カリキュラムも別々になります。
(*2) 女子難関校クラスは、雙葉クラスと同じカリキュラムです(ステップBまで)。ステップCからは「雙葉」「白百合」の2クラスに分かれ、カリキュラムも別々になります。
(*3) 青山学院初等部・成城学園初等学校・立教小学校・目黒星美学園小学校を志望される方を対象としています。
(*4) 女子難関校Kクラスは、雙葉小学校・白百合学園小学校・聖心女子学院初等科・光塩女子学院初等科・晃華学園小学校などを志望される方を対象としています。
(*5) 桐朋・桐朋学園Kクラスは2月8日より開講するため全4回となります。

募集要項
  • 対象

    2019年4月に年長になるお子さま(2013年4月2日~2014年4月1日生まれ)

  • 場所

    恵比寿本校大森教室吉祥寺教室

  • 授業回数

    8回※桐朋・桐朋学園Kクラスは4回※途中回からの受講も可能です

  • クラス/曜日・時間
    恵比寿本校
    クラス曜日時間
    聖心A(水)15:00~16:30
    B(金)15:00~16:30
    雙葉A(水)15:00~16:30
    B(金)15:00~16:30
    東京女学館A(火)15:00~16:30
    B(木)15:00~16:30
    難関校(*1)(火)17:00~18:30
    女子難関校(*2)(土)16:00~17:30
    豊明(水)15:00~16:30
    田園調布雙葉(火)15:00~16:30
    暁星(木)17:00~18:30
    大森教室
    クラス曜日時間
    個別テスト対策 O(*3)(金)15:00~16:30
    慶應横浜 O(土)16:00~17:30
    吉祥寺教室
    クラス曜日時間
    立教女学院 K(火)15:00~16:30
    女子難関校 K(*4)(木)15:00~16:30
    桐朋・桐朋学園 K(*5)
    (2月8日開講)
    (金)15:00~16:30
    聖心 K(土)15:00~16:30
    ※同じ学校名のクラスは同じカリキュラムです。
  • 日程表
     第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回第8回
    (火)1/81/151/221/292/52/122/192/26
    (水)1/91/161/231/302/62/132/202/27
    (木)1/101/171/241/312/72/142/212/28
    (金)1/111/181/252/12/82/152/223/1
    (土)1/121/191/262/22/92/162/233/2
    ※桐朋・桐朋学園Kクラスは、2/8・15・22・3/1(全4回)です。
  • 定員

    各クラス12名※桐朋・桐朋学園Kクラスは6名

受付方法
お問い合わせ・ご相談
  • 内容についてのお問い合わせ・受講のご相談
  • 電話番号

    • 恵比寿本校:03-5489-1630 (教務部)
    • 大森教室:03-6809-0510
    • 吉祥寺教室:0422-29-7572
    ※授業が行われている時間帯は電話に出られない場合がございます。ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承ください。

PAGE TOP